NEC、シンクライアント端末を最大40台稼働できるサーバセットモデルを発売NEWS

セットモデル「Express5800/120Ri-2 VPCC 仮想PCサーバ」に合わせ、SANモデルや仮想PC型シンクライアント専用の低価格外部ストレージ、既存PCをシンクライアント端末化するソフトウェアも発売

2007年08月01日 21時13分 公開
[TechTarget]

 NECは8月1日、仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」において、シンクライアント端末を最大40台稼働させるために必要なミドルウェアおよびクライアントOSをプリインストールしたサーバセットモデル「Express5800/120Ri-2 VPCC 仮想PCサーバ」を、同日より販売開始したと発表した。本製品は、インテル製の最新CPU「低電圧版クアッドコア インテル Xeonプロセッサー」を搭載しており、従来のサーバセットモデルに比べ2倍となる1サーバ当たり最大40台のシンクライアント端末の同時接続が可能となった。価格は、内蔵ディスクモデルが195万円から、内蔵ディスクのないSANブートモデルが268万円から。

 仮想PC型シンクライアントシステムのサーバに必要なハードウェアとソフトウェアをセット化しているため、導入作業を容易にするとともに、導入・運用コストの削減も実現している。例えば、シンクライアント端末120台導入時のシステム規模で換算した場合、1クライアント端末当たりの初期導入コストを従来の約19万円から16.9万円に低減すると同時に、1クライアント端末当たりのサーバの消費電力は従来比50%削減できるという。

 また、本製品のほかに、外部ストレージを用いてシステムの可用性強化や複数台のサーバリソースを1つに統合できる「Express5800/120Rg-1 VPCC仮想PCサーバ(SANモデル)」、仮想PC型シンクライアント専用の外部ストレージ「VPCC SANストレージ S2」、既存PCをシンクライアント端末化するソフトウェア「SigmaSystemCenterソフトウェア シンターミナル」(CD-ROM版・USB-ROM版)を合わせて商品化し、製品ラインアップを強化している。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...