エンピレックス、セキュリティアナライザ「Mu-4000」の販売を開始NEWS

独自に開発されたエンジンによりさまざまな攻撃を自動的に生成、約900万ものパターンを用いてIPネットワークの脆弱性を検査

2007年09月14日 19時28分 公開
[TechTarget]

 エンピレックスは9月14日、セキュリティアナライザソリューション「Mu-4000」の日本販売を開始すると発表した。本製品は、IPネットワークの脆弱性を検査し、その結果をモニター/レポートするセキュリティアナライザソリューション。セキュリティ分析は、既知の脆弱性テストのほかプロトコルに含まれる潜在的かつ未知の脆弱性を検査するため、通常の機能試験や負荷試験だけでは発見できない脆弱性も発見することができるという。

 独自に開発されたエンジンによりさまざまな攻撃を自動的に生成し、約900万ものパターンを用いて脆弱性を検査。すべてのプロセスが自動化されているため、検証にかかる時間とコストの削減、セキュリティの専門スタッフがいなくても検証を実施できることを利点として挙げている。

 発見した脆弱性の解析・対処を支援するツールも充実しており、ワンストップで脆弱性分析を行える。また、ほかの検証ツールと連携することで、試験の内容を拡張することも可能。価格は最小構成で680万円からとなっている。

関連ホワイトペーパー

脆弱性


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...