古くて新しいフォールトインジェクション攻撃ソフトとハード、2つの対策アプローチ

フォールトインジェクション攻撃の概要と種類を説明し、被害に遭わないようにするための開発のベストプラクティスを紹介する。

2007年09月26日 05時00分 公開
[Joel Dubin,TechTarget]

 フォールトインジェクション攻撃には、Webと同じくらいの歴史がある。この攻撃は、Webアプリケーションを介してネットワークやコンピュータシステムへの不正アクセスを可能にする。アプリケーションの急激な進化とWeb対応の進展に伴い、インジェクション攻撃は大きな問題となっている。本稿では、フォールトインジェクション攻撃の概要と種類に加え、あなたの会社のシステムが被害に遭わないようにするための開発のベストプラクティスを紹介する。

 一部のフォールトインジェクションはスクリプトベースであり、JavaScriptやPHPのような言語を使用する。新しいWeb2.0技術ではスクリプト言語が使われることから、インジェクション攻撃は発生頻度が増え、より高度化している。Web2.0技術にはXML、RSS、Ajaxなどがある。これらはいずれも、悪意あるインジェクションコードを隠すために利用することが可能だ。

 インジェクション攻撃は、Webアプリケーションへの通常の方法による入力に悪意のあるコードを紛れ込ませる形で行われるため、従来のネットワーク攻撃とは違って侵入的ではなく、既存のIDSシステムやIPSシステムによるチェックをすり抜けてしまう。このため、検知プロセスはより複雑なものになる。

フォールトインジェクション攻撃の種類

 開発者向けに安全なWebコーディング手法の教育を行っているOpen Web Application Security Project(OWASP)によると、インジェクション攻撃には2つの種類がある。OWASPの脆弱性トップ10では、クロスサイトスクリプティング(XSS)とインジェクションの欠陥がそれぞれ1位、2位を占めている。この2つの脆弱性のいずれかを悪用して、Webアプリケーションに悪意あるコードが挿入される。これは大抵Webブラウザを介して行われる。

 この両者のうち、XSSの脆弱性を突く攻撃は、非常に多発している極めて悪質なものだ。この攻撃は通常、JavaScriptを用いて行われるが、どのスクリプト言語でも可能だ。この攻撃では、Webアプリケーションの正当なユーザーの認証資格情報が盗まれ、コンピュータシステムに不正にアクセスされる恐れがある。

 インジェクションの欠陥を突く攻撃の中では、SQLインジェクション攻撃が群を抜いて最も多発している。SQLインジェクションは、WebページのフォームフィールドにSQLコマンドを挿入し、Webアプリケーションのバックエンドデータベースに不正アクセスを仕掛ける手法だ。SQLインジェクションはXSSとは異なり、ユーザーのIDやパスワードを盗むためではなく、アプリケーションのデータを不正入手するために行われる。

フォールトインジェクション対策

関連ホワイトペーパー

不正アクセス | Webアプリケーション


ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...