侵入検知(intrusion detection)Keywords

2007年10月15日 17時28分 公開
[TechTarget]

 侵入検知は、コンピュータとネットワーク用のセキュリティ管理システムの一種である。侵入検知システム(IDS)は、コンピュータあるいはネットワーク内のさまざまな部分から情報を収集・分析し、侵入(組織外からの攻撃)や不正利用(組織内からの攻撃)などのセキュリティ侵犯を特定する。侵入検知では脆弱性評価(スキャニングと称されることもある)技術が用いられる。この技術は、コンピュータシステムやネットワークのセキュリティを評価するために開発された。

 侵入検知機能としては以下のようなものがある。

  • ユーザーとシステムの挙動の監視と分析
  • システム構成と脆弱性の分析
  • システムとファイルの整合性の評価
  • 典型的な攻撃パターンを認識する能力
  • 異常な挙動パターンの分析
  • ユーザーポリシー違反の把握

 米政府、米国防総省、北大西洋条約機構などの大規模サイトやネットワークへの攻撃増加に対応すべく、IDSの開発が進められている。しかし、セキュリティ防御はますます困難になりつつある。攻撃に利用できる技術がかつてなく高度化しつつあるからだ。また、過去の実績がある手法をWebから容易に入手できるので、攻撃に高度な技術知識が必要ないという厄介な状況も存在する。

 一般に、IDSは2段階のプロセスを採用する。最初のプロセスは、ホストベースの受動的な部分である。この段階に含まれるのは、システム構成ファイルを検査して不適切な設定を検出する。パスワードファイルを検査して不適切なパスワードを検出する。ほかのシステム部分を検査してポリシー違反を検出する、といった作業である。2番目のプロセスは、ネットワークベースの能動的な部分である。このプロセスでは、既知の攻撃手法を再現するメカニズムがセットされ、システムの反応を記録する。

 1998年、主要なセキュリティ保証組織であるICSA.netが、IDS製品開発者向けの公開フォーラムとしてIntrusion Detection Systems Consortium(IDSC)を設立した。その目的は、エンドユーザーにセキュリティ情報を提供すること、そして業界標準を開発することである。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...