Windowsネットワークのパスワードセキュリティ管理子どもの名前だったりしませんか?

ユーザーに過度のストレスを与えず、ハッカーに破られにくいパスワードを作らせるにはどうしたらいいだろうか。安全なパスワードを作るコツを幾つか紹介しよう。

2007年12月04日 04時45分 公開
[Gary Olsen,TechTarget]

 ITマネジャーは、内部および外部からの侵入からデータを保護する責任がある。機密データにアクセスするユーザーを数百人、数千人、あるいは数万人も抱えている場合、侵入ポイントも同じ数だけあることになる。

 攻撃者は多くの場合、セキュリティ対策の不備につけ込む。例えば、最新のセキュリティパッチを当てていなかったり、Guestや管理者(Administrator)のようなWindowsのデフォルトアカウントの使用、パスワードやアカウントのずさんな管理、悪用可能なさまざまなユーザーの悪習などが、攻撃を受ける原因になる。攻撃者がユーザーのパスワードを簡単に手に入れる手口として、次のようなものがある。

  • ユーザーがパスワードを入力しているときに、肩越しにのぞき見る
  • ユーザーのディスプレイに張られた付せん紙に書かれたパスワードを見つける
  • キーボードの裏を見る
  • ユーザーに尋ねる

  数年前にMicrosoftの開発者向けカンファレンスであるTechEdで、ある講演者が英国のハッカーグループについて語った。彼らは街頭でコンピュータセキュリティ慣行に関するアンケート調査と称して通行人に声を掛けた。「調査」の最後に、彼らは回答者に会社のコンピュータアカウントのユーザー名とパスワードの記入を求めた。ハッカーたちはこの手口で、実に数千人分のアカウントの名前とパスワードを集めた。

関連ホワイトペーパー

パスワード | Windows | セキュリティ対策


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...