アールエムエス、PCデータを米国2カ所のデータセンターに自動バックアップするサービスNEWS

米国政府文書に要求されるのと同じ暗号化技術を使用してPCデータを暗号化し、米国2カ所のデータセンターに毎日自動バックアップを行う「DataShelter」の提供を開始した。

2008年04月22日 18時58分 公開
[TechTargetジャパン]

 アールエムエスは4月22日、NTTコミュニケーションズの子会社であるNTT/Verioの技術に基づいたWindows PCデータの自動バックアップサービス「DataShelter」の提供を開始した。

 DataShelterは、ユーザーが利用中のWindows PCのデータを、バックアップ専用ソフトを利用して暗号化し、インターネットを通じて米国2カ所のデータセンターに毎日自動バックアップを行う。データ通信時、保存時ともに米国政府文書に要求されるのと同じ暗号化技術を使用しているため、仮にデータセンターに保存されたデータが不正にアクセスを受けたとしても解読は不可能だという。

 PC1台からでも導入可能で、月額会費は1Gバイト1200円、2Gバイト2200円、10Gバイト4200円、30Gバイト1万2000円。サービス対象のOSはWindows 95 OSR2、Windows 98、Windows Me、Windows NT/2000 SP4、Windows XP Home、Windows XP Professionalとなっている。

関連ホワイトペーパー

Windows | バックアップ | 暗号化


ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...