日立ソフト、在宅ワーカー向けシンクライアントサービスを月額1890円で提供NEWS

USBキー1本で自宅PCをシンクライアント化する「在宅勤務向けシンクライアントソリューション」の提供を開始。VPNを介した画面転送方式のため、社内データの外部流出を防ぐことができる。

2008年07月24日 18時20分 公開
[TechTargetジャパン]

 日立ソフトウェアエンジニアリング(以下、日立ソフト)は7月24日、自宅PCをシンクライアント化し、社内システムへアクセスできる「在宅勤務向けシンクライアントソリューション」の提供を開始した。本サービスでは社内のネットワーク接続環境を変更することなく、申し込みから3日後にシンクライアント環境を自宅PC上に構築し、社内システムの利用が可能になるという。価格は1ユーザー当たり月額1890円(税込み)。

画像 在宅勤務用シンクライアントの利用イメージ

 本サービスでは、同社の仮想マシン、OS、各種ミドルウェア、各種ツールからなるIT基盤と付帯する運用をオンデマンドで提供する「SecureOnline統制IT基盤提供サービス」を利用する。ユーザーはUSBメモリからブートした自宅のシンクライアントからSecureOnline内のUSBゲートウェイを中継し、レイヤー2ベースのインターネットVPNを介して社内のPCにアクセス、画面情報のみをやりとりする仕組みだ。USBキー内の設定情報やアクセス権限は認証サーバで一元管理され、またローカルデータがネット上に流れない画面転送方式を採用するため、機密データの外部流出を防ぐことができる。

関連ホワイトペーパー

シンクライアント | VPN | アクセス制御 | 認証 | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。