ローソンがLotus NotesからForce.comへ全面移行、次世代システム構築はクラウドでNEWS

多数の関係者がアクセスするコミュニケーションプラットフォームをオンプレミスで開発するのは合理的でないと判断。Lotus Notesで行っていた情報管理をForce.comに移行した。

2009年04月15日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 セールスフォース・ドットコムは4月14日、ローソンがクラウドプラットフォーム「Force.com」を基盤としたシステムを採用し、稼働開始したことを発表した。これまで同社の社内情報基盤には「Lotus Notes/Domino」が活用されていたが、すべての情報管理をForce.comに移行し、次世代システムの構築を目指す。

 Force.comは業務アプリケーションを短期間で構築・導入できるオンデマンド型アプリケーション開発プラットフォーム。コンポーネントやコードを組み合わせてアプリケーションを構築し、セールスフォース・ドットコムのインフラ上で利用することができる。

 ローソンでは、多数の関係者がアクセスするコミュニケーションプラットフォームをオンプレミス(自社構築)型で開発するのは、期間、コスト、柔軟性、拡張性などの面から合理的ではないと社内で判断したという。ローソンの常務執行役員 CIO ITステーション・ディレクターの横溝陽一氏は「“マチのコンシェルジュ”として、お客様に選ばれるローソンになるためには、マーケットの変化、消費者ニーズの変化に、柔軟かつスピーディに対応することが不可欠。この経営課題に対応する上で、1ベンダーですべてのシステムを構築する従来のオンプレミス型のシステムでは時代遅れと言わざるを得ない」としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...