2009年04月15日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSローソンがLotus NotesからForce.comへ全面移行、次世代システム構築はクラウドで

多数の関係者がアクセスするコミュニケーションプラットフォームをオンプレミスで開発するのは合理的でないと判断。Lotus Notesで行っていた情報管理をForce.comに移行した。

[TechTargetジャパン]

 セールスフォース・ドットコムは4月14日、ローソンがクラウドプラットフォーム「Force.com」を基盤としたシステムを採用し、稼働開始したことを発表した。これまで同社の社内情報基盤には「Lotus Notes/Domino」が活用されていたが、すべての情報管理をForce.comに移行し、次世代システムの構築を目指す。

 Force.comは業務アプリケーションを短期間で構築・導入できるオンデマンド型アプリケーション開発プラットフォーム。コンポーネントやコードを組み合わせてアプリケーションを構築し、セールスフォース・ドットコムのインフラ上で利用することができる。

 ローソンでは、多数の関係者がアクセスするコミュニケーションプラットフォームをオンプレミス(自社構築)型で開発するのは、期間、コスト、柔軟性、拡張性などの面から合理的ではないと社内で判断したという。ローソンの常務執行役員 CIO ITステーション・ディレクターの横溝陽一氏は「“マチのコンシェルジュ”として、お客様に選ばれるローソンになるためには、マーケットの変化、消費者ニーズの変化に、柔軟かつスピーディに対応することが不可欠。この経営課題に対応する上で、1ベンダーですべてのシステムを構築する従来のオンプレミス型のシステムでは時代遅れと言わざるを得ない」としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...