SmartScreenとInPrivate――IE 8のセキュリティ機能を再検証する中堅・中小企業に役立つ2つの機能

IE 8には、IT専門要員がいない中堅・中小企業にとって役に立つセキュリティ機能が多数組み込まれている。

2010年04月02日 08時00分 公開
[Tony Bradley,TechTarget]

 ここ数年、MicrosoftのWebブラウザ市場における独占的地位は幾分後退している。主にセキュリティ不安に押される形でMozilla FirefoxやGoogle Chromeなどのブラウザが、Internet Explorer(IE)の牙城に食い込んでいる。

 しかし、IEが今も首位を独走している状況は変わらず、失った市場シェアもIE 8の登場により、ある程度取り戻せるかもしれない。IE 8にはWebブラウザの水準を高め、Web閲覧の生産性と効率性向上につながる機能強化や革新が多数盛り込まれている。

 鳴り物入りの付加機能もある。「アクセラレータ」では、Webページ内部から地図や検索といった一般的な機能にワンクリックでアクセスできる。「おすすめサイト」機能では、自分のWeb閲覧履歴と習慣に基づいてサイトを推薦してくれる。「Webスライス」は、頻繁にアクセスしたり更新されたりする情報、例えば天気予報やeBayの入札状況といった情報を、サイトを何度も見に行ったりブラウザを頻繁に更新し続けることなく参照できる。ユーザーがIEから代替ブラウザに乗り換えるのはセキュリティが主な理由になっていることから、IE 8ではWeb閲覧中にユーザーとユーザーの情報を守る機能も強化した。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...