2011年08月05日 09時00分 公開
特集/連載

インテリジェントな自動学習機能で設定負荷を軽減する「AppWall」「WAF」製品紹介【第12回】日本ラドウェア

日本ラドウェアのWAF製品は、IPSを補完する機能を持ち、広範なセキュリティ分野をもれなくカバーする。

[渡邉利和]

統合管理で漏れのないセキュリティ対策

 日本ラドウェアは、“AMS(Attack Mitigation System)”というコンセプトに基づき、さまざまな脅威に対応するセキュリティ製品を組み合わせて提供している。加えて、全セキュリティ製品の統合運用・監視とリポート生成を行う「APSolute Vision」と組み合わせることで、統合的なセキュリティ対策を実現する。

 AMSの中核となるのが、DoS/DDoS攻撃防御とIPS(Intrusion Prevention System:侵入防御システム)機能を提供する「DefensePro」だ。振る舞い検知技術を活用し、悪意のあるアクセスを検知/遮断する動的シグネチャ方式によって、DoS攻撃やゼロデイアタックを防止する。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。