2011年08月05日 09時00分 公開
特集/連載

あの大規模情報漏えいも仮想デスクトップで防げたVDIでウイルス対策ソフトは不要になるか

ここ数年、国家レベルの機密情報がWikiLeaksで公開されるなど、世間を賑わす大規模情報漏えいが後を絶たない。しかしそれらは仮想デスクトップインフラを利用することで防げた可能性がある。

[Eugene Alfaro,TechTarget]

 2005年、Bank of America(米国ノースカロライナ州に本社を置く銀行)の幹部が暗号化していないノートPCに顧客情報と社外秘情報を保存していて盗まれたという事件が発生した。その後、犯人によって引き出されたHDDの中身はWikiLeaksのWebサイトに公開され、夜のニュースのトップを飾った。

 最近ではマサチューセッツ州で、失業者21万人もの情報がコンピュータウイルスのために流出した可能性があるとして、州労働局が謝罪する羽目になった。報道によれば、このウイルスを使った「犯罪ハッカー集団」は、部外秘の求職者情報と雇用主情報を州の1500台のコンピュータから盗み出したとされる。

 こうした事例を見聞きするたびに私は、もし仮想デスクトップインフラ(VDI)を使っていれば、こうした問題や数え切れないほどの情報盗難、ウイルス被害は防げただろうかと考える。

ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。