Hyper-V仮想環境をサイバー攻撃から守る4つのポイント導入時にやっておくべきHyper-Vの設定

仮想環境を狙ったサイバー攻撃にどう対処すべきか。本稿はHyper-Vに絞り、セキュリティ強化のために考慮すべきポイントを解説する。

2012年01月23日 09時00分 公開
[Eric Beehler,TechTarget]

 情報セキュリティを巡っては、ベンダーが自分たちのためを思ってくれていると考える人もいれば、もっと悲観的な考えの人もいる。仮想環境については、潜在的な攻撃面のレイヤーがさらに増えるという事実にIT担当者が向き合わなければならない。

 最大の敵はユーザー自身かもしれない。マルウェア業界が既知のエクスプロイトを頼みにしているのは事実だが、最も横行しているマルウェア攻撃では一般的に、ユーザーが自らの操作で自分のセキュリティを破ってしまう。仮想環境の管理者であるわれわれは、安全とはいえない設定によって、そうした行為を容認してしまっているかもしれない。

ハイパーバイザー攻撃の実態

 仮想マシン(VM)のハッキングはコンセプトにすぎないと考えているのなら、2009年に発覚したVMware脱出攻撃に目を向けてほしい。この攻撃ではVMあるいはゲストマシンの攻撃者が、その仮想インスタンスに設定された境界から抜け出し、ホストマシンを制御した。この問題はすぐに修正されたが、エクスプロイトは今でも出回っている。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...