2013年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

SaaS 280種以上のSSOを認証連携で実現する「PingFederate」クラウド向け認証製品紹介: Ping Identity編

利用するSaaSが多過ぎてID/パスワードを覚えきれない――。SAMLなどの認証連携技術を使って280種以上のSaaSのSSOを可能にする「PingFederate」は、こうした課題の解決に役立つ。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 メールシステムやスケジューラー、顧客関係管理(CRM)など、1つの会社で複数のSaaSを利用するケースも多いだろう。利用するSaaSごとにID/パスワードが異なり、さらに社内システムにも別のID/パスワードが求められるとなると、従業員にとってID/パスワードの記憶や管理は大きな負担となる。シングルサインオン(SSO)製品やIDフェデレーション製品が解決策となるが、社内システムしかSSOの対象にできない、利用可能なIDフェデレーション技術が限られる、といった課題がある。

 こうした課題を解決すべく、社内外の幅広いWebアプリケーションのSSOを可能にしたのが、米Ping Identityの「PingFederate」だ。

製品の概要:IDフェデレーションで280種以上のSaaSのSSOを実現

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...