2013年07月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド向け認証製品紹介: Ping Identity編SaaS 280種以上のSSOを認証連携で実現する「PingFederate」

利用するSaaSが多過ぎてID/パスワードを覚えきれない――。SAMLなどの認証連携技術を使って280種以上のSaaSのSSOを可能にする「PingFederate」は、こうした課題の解決に役立つ。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 メールシステムやスケジューラー、顧客関係管理(CRM)など、1つの会社で複数のSaaSを利用するケースも多いだろう。利用するSaaSごとにID/パスワードが異なり、さらに社内システムにも別のID/パスワードが求められるとなると、従業員にとってID/パスワードの記憶や管理は大きな負担となる。シングルサインオン(SSO)製品やIDフェデレーション製品が解決策となるが、社内システムしかSSOの対象にできない、利用可能なIDフェデレーション技術が限られる、といった課題がある。

 こうした課題を解決すべく、社内外の幅広いWebアプリケーションのSSOを可能にしたのが、米Ping Identityの「PingFederate」だ。

製品の概要:IDフェデレーションで280種以上のSaaSのSSOを実現

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...