2013年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

SaaS 280種以上のSSOを認証連携で実現する「PingFederate」クラウド向け認証製品紹介: Ping Identity編

利用するSaaSが多過ぎてID/パスワードを覚えきれない――。SAMLなどの認証連携技術を使って280種以上のSaaSのSSOを可能にする「PingFederate」は、こうした課題の解決に役立つ。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 メールシステムやスケジューラー、顧客関係管理(CRM)など、1つの会社で複数のSaaSを利用するケースも多いだろう。利用するSaaSごとにID/パスワードが異なり、さらに社内システムにも別のID/パスワードが求められるとなると、従業員にとってID/パスワードの記憶や管理は大きな負担となる。シングルサインオン(SSO)製品やIDフェデレーション製品が解決策となるが、社内システムしかSSOの対象にできない、利用可能なIDフェデレーション技術が限られる、といった課題がある。

 こうした課題を解決すべく、社内外の幅広いWebアプリケーションのSSOを可能にしたのが、米Ping Identityの「PingFederate」だ。

製品の概要:IDフェデレーションで280種以上のSaaSのSSOを実現

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...