2012年12月20日 08時00分 公開
特集/連載

増えすぎたID/パスワードを安全に管理したい課題解決ナビ

システムの多様化が招くID/パスワードの増加は、従業員にもシステム担当者にも大きな負担を強いる。増加する一方のID/パスワードを安全に管理する方法を示す。

[TechTargetジャパン]

 メールやグループウェア、基幹業務システム、入退室管理――。システムを手軽に導入できるクラウドの普及なども相まって、企業内のシステムは増える一方だ。そこで問題となるのが、ID/パスワードの増加である。多くのID/パスワードを管理しなくてはならないというプレッシャーは、従業員を“付せん管理”などの脆弱な方法へと走らせる。

 システム担当者にとっても、ID/パスワードの増加は問題だ。従業員が異動や退職をした際には、それぞれのシステムにおいて適切な権限変更をするべきである。こうした作業は、システム担当者の業務量を増やす要因となる。

 こうした課題を解決する有力な方法が、個別のシステムで管理されているID/パスワードを横断的に管理することだ。この具体策となるのが、「統合ID管理製品」「シングルサインオン製品」「特権ID管理製品」である。以下、それぞれの概要を解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。