増えすぎたID/パスワードを安全に管理したい課題解決ナビ

システムの多様化が招くID/パスワードの増加は、従業員にもシステム担当者にも大きな負担を強いる。増加する一方のID/パスワードを安全に管理する方法を示す。

2012年12月20日 08時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 メールやグループウェア、基幹業務システム、入退室管理――。システムを手軽に導入できるクラウドの普及なども相まって、企業内のシステムは増える一方だ。そこで問題となるのが、ID/パスワードの増加である。多くのID/パスワードを管理しなくてはならないというプレッシャーは、従業員を“付せん管理”などの脆弱な方法へと走らせる。

 システム担当者にとっても、ID/パスワードの増加は問題だ。従業員が異動や退職をした際には、それぞれのシステムにおいて適切な権限変更をするべきである。こうした作業は、システム担当者の業務量を増やす要因となる。

 こうした課題を解決する有力な方法が、個別のシステムで管理されているID/パスワードを横断的に管理することだ。この具体策となるのが、「統合ID管理製品」「シングルサインオン製品」「特権ID管理製品」である。以下、それぞれの概要を解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...