2015年11月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「進化した脅威」にどう対処するか30年前からセキュリティ担当者を苦しめ続けている問題とは?

セキュリティの名著『カッコウはコンピュータに卵を産む』の著者、クリフォード・ストール氏が直面した事件から30年弱。進化し続けるセキュリティの脅威に対抗すべく、対策にも変化が求められている。

[Kathleen Richards,TechTarget]
ストール氏のインタビュー映像 C-SPANが公開しているストール氏のインタビュー映像《クリックで拡大》

 カッコウは他の鳥の巣に卵を産む――。これは、ネットワーク侵入に関する往年の名著『The Cuckoo's Egg』(邦題『カッコウはコンピュータに卵を産む』)の著者であるクリフォード・ストール氏が同書のタイトルを考えていた際、米San Francisco Zoo(サンフランシスコ動物園)のペンギン飼育係から言われた言葉だった。

 「巣の主である鳥は、カッコウを卵から孵化させる。そして育ったカッコウは巣を乗っ取り、もともとの巣の主に餌を食べさせてもらう」。ストール氏は1989年、米ケーブルテレビC-SPANのインタビューでそう語った。「その巣を出て行いったカッコウは、また他の卵を産む。カッコウにとっては、何もかもがうまくいくのだ」

進化する“カッコウ”をどう退治するか

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...