2016年03月16日 15時00分 公開
特集/連載

Oracle DatabaseをAWSへ、ダウンタイム別に考える3つの移行方法データベースもクラウドで動かす時代か

オンプレミスのデータベースをクラウドへ移行する企業が出てきている。「Oracle Database」から「Amazon EC2」インスタンスにデータを移行する最適な方法は。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
Amazon Redshiftの使い道(AWSの4大データベースサービス、特徴と使い道)《クリックで拡大》

 企業がパブリッククラウドを一から導入するケースはほとんどない。「Oracle Database」(Oracle DB)はもともとオンプレミスで運用している企業が多いだろう。こうしたオンプレミスのデータベースをクラウドに移行することでメリットが得られる。だが、Oracle DBの「Amazon Web Services」(AWS)への移行はさまざまな要因に左右される。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

news174.jpg

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...