Oracle DatabaseをAWSへ、ダウンタイム別に考える3つの移行方法データベースもクラウドで動かす時代か

オンプレミスのデータベースをクラウドへ移行する企業が出てきている。「Oracle Database」から「Amazon EC2」インスタンスにデータを移行する最適な方法は。

2016年03月16日 15時00分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]
Amazon Redshiftの使い道(AWSの4大データベースサービス、特徴と使い道)《クリックで拡大》

 企業がパブリッククラウドを一から導入するケースはほとんどない。「Oracle Database」(Oracle DB)はもともとオンプレミスで運用している企業が多いだろう。こうしたオンプレミスのデータベースをクラウドに移行することでメリットが得られる。だが、Oracle DBの「Amazon Web Services」(AWS)への移行はさまざまな要因に左右される。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。