2017年02月15日 15時00分 公開
特集/連載

セキュリティ部門の新たな注目ポジション「脅威ハンター」という仕事システムが見落とした脅威を発見する(1/2 ページ)

企業のセキュリティ対策は多くの場合、最新技術の調整に尽きる。だが脅威ハンターの役割を担う人材が貴重な防衛線になるかもしれないと見る専門家もいる。

[John Moore,TechTarget]

関連キーワード

セキュリティ | ゼロデイ


画像 脅威ハンティングの専門企業Sqrrl DataのWebサイト《クリックで拡大》

 サイバーセキュリティ攻撃の新しい波が組織を脅かしている。これに対して従来は新しい技術の層や自動化で対応するのが一般的だった。だがITセキュリティ専門家からは、現在のような状況では新たに「脅威ハンター」の役職が求められると指摘する声もある。

 これを推進する専門家によると、脅威ハンターは自動化されたシステムが見落としたセキュリティ事案を見つけ出す。この「突破口を突撃せよ」の呼び掛けは、企業の脅威検知やインシデント対応において中心的な役割を果たすセキュリティオペレーションセンター(SOC)の強化を目指している。組織がITセキュリティの中枢センターについて再考する中でSOCの現代化は今、一層差し迫った課題となっている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...