2018年08月31日 05時00分 公開
特集/連載

「最高情報セキュリティ責任者」(CISO)は、なぜすぐ辞めるのかCISOが成功するためのポイントも整理

最高情報セキュリティ責任者(CISO)はその職務の重要性が高まる一方で、離職率の高さが課題となっているという。なぜ長続きしないのか。その要因と、仕事の満足度を高める方法を解説する。

[Mekhala Roy,TechTarget]
画像

 セキュリティ部門のリーダーの中でも、最高情報セキュリティ責任者(CISO)の離職率は高く、セキュリティ業界の悩みの種となっている。CISOの職務は進化し続けているにもかかわらずだ。

 調査会社Enterprise Strategy Groupと、セキュリティ業界団体Information Systems Security Associationが共同で実施した最新の調査では、CISOの職務が長続きしない理由が幾つか明らかになった。その一例を以下に示す。

  • 高待遇での誘いに心を動かされる
  • サイバーセキュリティを重視する企業文化がない
  • CISOには経営陣に能動的に意見を述べる権限がない

 「CISOの報告体制や包括的なサイバーセキュリティプログラムの欠如も、CISOという職務が長続きしない理由だ」。セキュリティ企業Kudelski Securityでグローバル戦略およびガバナンス部門のマネージングディレクターを務めるジョン・ヘリクソン氏は、こう話す。

 TechTargetは、CISOに高い職業意識が求められる理由や、メンターの存在がキャリア育成にどのように役立つかについて、ヘリクソン氏にインタビューした。成功を収めるCISOが備える重要な資質や、CISOに突き付けられる主な課題について語ってもらった。

長続きしないCISO

―― CISOという職務が長続きしない理由はどこにあるのでしょうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

よく分かる「デジタルネイティブ」入門(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...