2019年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Microsoft、Googleのいずれでも参考にできる「クラウドAIサービス」の機能をAPI経由で利用する方法

主要ベンダーの「クラウドAIサービス」は、その機能を容易に利用可能にするためにAPIを提供している。APIを使ってアプリケーションにAI機能を組み込む方法に加え、その際直面する課題と対処方法を見てみよう。

[Chris Tozzi,TechTarget]
画像

 人工知能(AI)技術は、今後のアプリケーション開発に重要な役割を果たすといえる。だがAI機能をアプリケーションに組み込む方法を理解するのに苦戦している開発者もいるだろう。

 Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Googleなど主要ベンダーのクラウドAIサービスは、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を提供している。こうしたAPIを利用すれば、開発者は既存のワークフローにAI機能を追加できる。ただし実際に作業を始める前に、こうしたAI機能をアプリケーションに組み込む方法を理解し、APIの利用に伴う潜在的な制限事項やデメリットを考えておく必要がある。

クラウドAIサービスの組み込み方

 AI機能を組み込むプロセスは、対象のアプリケーションを記述するプログラミング言語や利用するクラウドAIサービス、データの保存場所によって異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...