2019年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Microsoft、Googleのいずれでも参考にできる「クラウドAIサービス」の機能をAPI経由で利用する方法

主要ベンダーの「クラウドAIサービス」は、その機能を容易に利用可能にするためにAPIを提供している。APIを使ってアプリケーションにAI機能を組み込む方法に加え、その際直面する課題と対処方法を見てみよう。

[Chris Tozzi,TechTarget]
画像

 人工知能(AI)技術は、今後のアプリケーション開発に重要な役割を果たすといえる。だがAI機能をアプリケーションに組み込む方法を理解するのに苦戦している開発者もいるだろう。

 Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Googleなど主要ベンダーのクラウドAIサービスは、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を提供している。こうしたAPIを利用すれば、開発者は既存のワークフローにAI機能を追加できる。ただし実際に作業を始める前に、こうしたAI機能をアプリケーションに組み込む方法を理解し、APIの利用に伴う潜在的な制限事項やデメリットを考えておく必要がある。

クラウドAIサービスの組み込み方

 AI機能を組み込むプロセスは、対象のアプリケーションを記述するプログラミング言語や利用するクラウドAIサービス、データの保存場所によって異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...