2021年09月22日 05時00分 公開
特集/連載

「リトライ」「サーキットプレーカー」を採用すべきクラウドアプリとは?クラウドベースアプリケーションのデザインパターン5選【中編】

クラウドベースアプリケーションのデザインパターンである「リトライ」「サーキットプレーカー」は、どのようなアプリケーションを構築するのに向いているのか。具体例を交えて解説する。

[Zachary Flower,TechTarget]

 前編「『バルクヘッド』とは? 障害に強いクラウドアプリのデザインパターン」は、クラウドサービスで稼働するアプリケーション(以下、クラウドベースアプリケーション)の主なデザインパターン5つのうち「バルクヘッド」を取り上げた。中編は「リトライ」「サーキットプレーカー」の2つを紹介する。

2.リトライ

 障害発生を想定したデザインパターンがリトライだ。リトライを採用したアプリケーションは、一度失敗した操作を安全に再試行できる。企業はリトライを採用することで、長期的な保守が最小限で済む、障害許容性のあるアプリケーションを構築可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...