「リトライ」「サーキットプレーカー」を採用すべきクラウドアプリとは?クラウドベースアプリケーションのデザインパターン5選【中編】

クラウドベースアプリケーションのデザインパターンである「リトライ」「サーキットプレーカー」は、どのようなアプリケーションを構築するのに向いているのか。具体例を交えて解説する。

2021年09月22日 05時00分 公開
[Zachary FlowerTechTarget]

 前編「『バルクヘッド』とは? 障害に強いクラウドアプリのデザインパターン」は、クラウドサービスで稼働するアプリケーション(以下、クラウドベースアプリケーション)の主なデザインパターン5つのうち「バルクヘッド」を取り上げた。中編は「リトライ」「サーキットプレーカー」の2つを紹介する。

2.リトライ

 障害発生を想定したデザインパターンがリトライだ。リトライを採用したアプリケーションは、一度失敗した操作を安全に再試行できる。企業はリトライを採用することで、長期的な保守が最小限で済む、障害許容性のあるアプリケーションを構築可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...