別れた恋人にITで嫌がらせをする「デジタルハラスメント」 根絶するには?「安全に別れる」ツール誕生の裏側【後編】

女性に対するITを駆使した嫌がらせ行為「デジタルハラスメント」が後を絶たない。DV被害者支援団体Refugeは、どのような対策を提唱するのか。

2022年09月02日 08時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

セキュリティ | プライバシー


 暴力を振るうパートナー(配偶者や恋人)と別れた際のデジタルハラスメント(ITによる嫌がらせ)から、女性のオンライン行動を守るためのツール「Digital Break-Up Tool」。その公開に際して、DV(家庭内暴力)被害者を支援する団体Refugeは、パートナーや元パートナーのITサービスのパスワードを知っている人が一定数いることに警鐘を鳴らした。RefugeのCEO、ルース・デービッドソン氏は、このことについて「非常に憂慮すべきだが、氷山の一角にすぎない」と考える。デービッドソン氏が特に危惧するのは、

  • ITサービスの不正利用の兆候を見分ける方法を知らない女性
  • 暴力的なパートナーや元パートナーに、ITサービスのパスワードの共有を強要されていることを認識していない女性
  • 暴力的なパートナーや元パートナーが、ITサービスからひそかに取得した情報を使って何をしているのかを知らない女性

の存在だ。

「オフラインの強要」を解決策としてはならない

 パートナーや元パートナーによるITサービスの不正利用に関する問題は、深刻化している。デービッドソン氏は、そうした問題の具体例として以下を挙げる。

  • 不正入手したパスワードの第三者への共有
  • 迷惑メッセージの送信
  • スパイウェアやストーカーウェア(行動追跡アプリケーション)のインストール

 「加害者は女性を支配して虐待するための新たな手段を、さまざまなITの中から見つけ出している」とデービッドソン氏は懸念する。ITを使った暴力に対する認識を強めることの重要性を同氏は強調。相手が暴力的かどうかにかかわらず、女性が人との関係を断つときは、別れた相手との間に明確な境界を設けることを同氏は奨励する。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)中に、「ITを悪用した暴力が活発になった」とRefugeは警告する。Refugeはさまざまな組織と組み、デジタル世界で積極的に活動中だ。金融グループBarclaysが資金を拠出し、2021年にRefugeが開設したWebサイト「RefugeTechSafety.org」は、デジタル技術を悪用した暴力を克服した人の意見を参考にしている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...