「数学ができないとエンジニアにはなれない」は本当に本当なのかソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第7回】

エンジニアの間でいかにも真実かのように語られることが、実際には誤りであることは珍しくない。こうした“神話”の中に「エンジニアには数学の知識が必要だ」というものがある。なぜ間違いだと言えるのか。

2023年06月23日 09時15分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 ソフトウェア開発業界には、間違っているにもかかわらず、あたかも事実であるかのように浸透している“神話”が存在する。そうした神話10個の中から、今回は「エンジニアに必要な知識」に関する神話を取り上げる。

神話10「エンジニアは数学ができないと駄目だ」

 「エンジニアは数学が得意でなければならない」――。これはソフトウェア開発の世界に足を踏み入れることをためらわせる、よくある神話だ。

 足し算や掛け算が苦手な人にとって、ソフトウェア開発は容易ではない。ただし「大学レベルの高度な数学の知識が必要だ」というのは誤解だ。マイクロサービス(機能ごとに独立した小規模サービス)を開発するために、ハイゼンベルクの運動方程式(量子力学に関する方程式)を知っている必要はない。

 ソフトウェア開発に、数学を使うことはまれだ。使うとしても通常、足し算、掛け算、剰余演算程度にとどまる。数学が不得意だからといって、ソフトウェア開発の世界に足を踏み入れることをちゅうちょする必要はない。数学の知識がない人でも、プログラミングはできる。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...