2008年05月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

愛用アプリは使える?Windows Vistaの互換性を簡単にテストするには

手っ取り早くWindows Vistaとマシンの互換性をテストする方法を紹介しよう。この方法は1台のマシンのテストを想定したものだが、PCの所有台数がそれほど多くない小規模企業でも同様に役立つ。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 あなたがこの1年くらい隠居生活を送っていたのでなければ、Windows Vistaの最大の問題点の1つが互換性問題であり、その最たるものがWindows Vistaの新しいセキュリティ機能が原因で動かないレガシーアプリケーションが多いことであるという話は聞いたことがあるだろう。Windows Vistaを使うには、Windows XPより強力なハードウェアが必要なことを考え合わせれば、非常に多くの企業がアップグレードに消極的なのもうなずける。

 Microsoftはアップグレードプロセスを容易にするため、Deployment Workbenchを提供している。これは、企業がWindows Vistaの導入展開に向けて互換性テストを行うためのプログラムスイートだ。Deployment Workbenchは非常に有用だが、特に小規模企業では機能を持て余してしまう場合もある。

 代替手段として、手っ取り早くWindows Vistaとの互換性についてマシンをテストする方法を紹介しよう。この方法は1台のマシンのテストを想定したものだが、PCの所有台数がそれほど多くない小規模企業でも同様に役立つ。

Windows Vista Upgrade Advisor

 Windows Vistaとの互換性についてマシンをテストする最もシンプルな方法は、Windows Vista Upgrade Advisor(WVUA)というツールを使うことだ。WVUAは、アプリケーションとハードウェアの両方の互換性をテストできる無料ツールで、MicrosoftのWebサイトからダウンロードできる。

 ダウンロードファイルは6.6MバイトのMSIファイル(※)だ。わたしの勤務先では、このファイルを入れたUSBメモリをPCに挿し、Windows Vistaとの互換性を1台ずつテストしている。

※MSIファイル:Windowsアプリケーションのインストール用のファイル形式。

 残念ながらこのツールは、USBメモリから直接実行することはできない。サイズは小さいものの、テスト対象となるマシンにインストールする必要がある。インストールは非常に簡単だ。MSIファイルをダブルクリックすると、セットアップウィザードが起動する。このウィザードでは基本的に、エンドユーザーライセンス条項に同意し、インストール先フォルダを確認するよう求められるだけだ。そして、デスクトップにショートカットを作成するかどうかを指定すればインストールが行われる。

関連ホワイトペーパー

Windows Vista | Microsoft(マイクロソフト)


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...