2008年09月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

データセンターのトラブルには「備えよ常に」停電後にサーバや仮想マシンを復旧する際の注意点

データセンターが完全に停電するようなトラブルが起きた場合、サーバや仮想マシンの復旧に役立つ「備え」を紹介しよう。

[Eric Siebert,TechTarget]

 データセンターの完全な停電のようなトラブルは、絶対経験したくない出来事だ。最近それを経験し、教訓を得たのでご紹介しよう。

 そのデータセンターは、本格的なUPS(無停電電源装置)システムと予備のディーゼル発電機を備えていたが、UPSのバッテリーの定期保守が行われた際に回路がショートし、そのためにデータセンター全体が停電してしまった。このトラブルを通じて分かったのは、ちょっとした準備が停電後のサーバや仮想マシン(VM)の復旧に大いに役立つということだ。

 まず第1に、DNS(Domain Name System)はデータセンターで最も重要なサービスだろう。ほとんどのサーバやワークステーションは、IPアドレスの代わりにホスト名を使って相互に通信する。DNSが稼働していなければ、サーバはホスト名で通信を行うことができず、事実上相互に孤立してしまう。また、ほとんどの管理者はホスト名を使うことに慣れているため、DNSが提供されていないとサーバのIPアドレスが分からないせいでサーバに接続できない。だが、データセンターにあるすべてのサーバとそのIPアドレスをプリントアウトしておけば、DNSが使えないときに参照できて便利だ。

関連ホワイトペーパー

サーバ | データセンター | UPS | 仮想化 | SAN | ディザスタリカバリ


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...