2009年04月15日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSローソンがLotus NotesからForce.comへ全面移行、次世代システム構築はクラウドで

多数の関係者がアクセスするコミュニケーションプラットフォームをオンプレミスで開発するのは合理的でないと判断。Lotus Notesで行っていた情報管理をForce.comに移行した。

[TechTargetジャパン]

 セールスフォース・ドットコムは4月14日、ローソンがクラウドプラットフォーム「Force.com」を基盤としたシステムを採用し、稼働開始したことを発表した。これまで同社の社内情報基盤には「Lotus Notes/Domino」が活用されていたが、すべての情報管理をForce.comに移行し、次世代システムの構築を目指す。

 Force.comは業務アプリケーションを短期間で構築・導入できるオンデマンド型アプリケーション開発プラットフォーム。コンポーネントやコードを組み合わせてアプリケーションを構築し、セールスフォース・ドットコムのインフラ上で利用することができる。

 ローソンでは、多数の関係者がアクセスするコミュニケーションプラットフォームをオンプレミス(自社構築)型で開発するのは、期間、コスト、柔軟性、拡張性などの面から合理的ではないと社内で判断したという。ローソンの常務執行役員 CIO ITステーション・ディレクターの横溝陽一氏は「“マチのコンシェルジュ”として、お客様に選ばれるローソンになるためには、マーケットの変化、消費者ニーズの変化に、柔軟かつスピーディに対応することが不可欠。この経営課題に対応する上で、1ベンダーですべてのシステムを構築する従来のオンプレミス型のシステムでは時代遅れと言わざるを得ない」としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...