2009年06月30日 07時30分 UPDATE
特集/連載

アウトソーシングは状況判断モデルでデータセンターのアウトソーシング、見極めポイントは?

アウトソーシングすべきか否かは「状況次第」だ。それを見極めるためのモデルを紹介する。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

 データセンターサービスはアウトソーシングすべきか否か、それが問題だ。自社独自のデータセンターを保有・管理する方が崇高なのか、それともこのようなサービスはアウトソーシングした方がいいのか。人生において直面する真に興味深い問題は大抵がそうだが、答えは「状況次第」といえる。

 「状況次第」とは? これは答えを逃げているようにも思える。どうして単純にイエスかノーで答えないのか。なぜなら、実に幅広い要素によって答えが変わってくるからだ。そうした疑問と選択肢を整理するに当たり、わたしの「Purpose Alignment Model」が役に立つ。

 このモデルについては「ERPプロジェクトのコストと時間を半分に減らす方法」でも触れたが、もう一度紹介しておくと、Purpose Alignmentではデータセンターのアウトソーシング(あるいは事業上のどんな意思決定についても)にまつわるビジネスプロセス、アクティビティー、疑問点について、2つの角度から検討する。まず第1に、そのプロセス、アクティビティー、決断が市場においてわが社の差別化にどうつながるか。第2に、それらがわが社にとってどの程度ミッションクリティカルなのか。

 もしそのプロセス、アクティビティー、決断が差別化につながり、かつミッションクリティカルなものであれば、それらは競争相手よりも上を行く必要がある。一方、そのプロセス、アクティビティー、決断がミッションクリティカルではあるが差別化につながるものではない場合、それらをパリティーなやり方で実行する──すなわち、プロセス、アクティビティー、決断を合理化、簡素化、標準化する──ことを良しとしなければならない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...