2009年09月10日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日立のSMB向け運用管理ソフト新シリーズ「JP1 Ready Series」、第1弾製品はPC運用管理ツール

日立製作所が中堅・中小企業向けの運用管理ソフトウェアの新シリーズ「JP1 Ready Series」を発表。その第1弾の製品として、PC運用管理ツール「JP1/Desktop Navigation」の販売を開始する。

[吉村哲樹,TechTargetジャパン]

 日立製作所は9月8日、中堅・中小企業(SMB)向けのシステム運用管理ソフトウェアの新シリーズ「JP1 Ready Series」を立ち上げるとともに、その第1弾としてPC運用管理ツール「JP1/Desktop Navigation」の販売を9月9日から開始すると発表した。

画像 日立製作所 大坂弘江氏

 JP1 Ready Seriesは、同社がこれまで開発・提供してきたシステム運用管理ソフトウェア「JP1」とは別に、中堅・中小企業向けに一から新たに開発・提供を開始する製品シリーズ。既存のシステム運用管理ツールとJP1 Ready Seriesの違いについて、同社 ソフトウェア事業部 システム管理ソフトウェア本部 第2JP1設計部 部長 大坂弘江氏は「既存の運用管理ツールをプロ志向の一眼レフカメラだとすると、JP1 Ready Seriesは中堅・中小企業が手軽に使いこなせるコンパクトカメラ」と説明する。

 同社で中堅・中小企業の顧客からヒアリングを行ったところ、システム運用管理ツールの導入を進められない原因として「IT管理の専任者がいない」「IT管理の専門的知識がない」「ランニングコストが掛かる」などが挙げられたという。これらを基に中堅・中小企業向けのシステム運用管理ツールの要件として「導入のしやすさ」「運用のしやすさ」「購入のしやすさ」の3つを挙げ、さらに潜在顧客へのインタビューやペルソナデザインを行いJP1 Ready Seriesの製品コンセプトを設定した。実際の製品開発に当たっては、JP1の技術者が持つ運用管理ノウハウと、コンシューマー向け製品のデザイナーが持つユーザビリティに関するノウハウを持ち寄り、なおかつ顧客の声を随時フィードバックしながら開発プロセスを進めたという。

 今回、特に中堅・中小企業のニーズが高い、クライアントPCの「ライセンス管理」「資産管理」「脆弱性/セキュリティ管理」の機能をJP1/Desktop Navigationとしてまとめ、製品化した。インストールが容易で、なおかつ標準のセキュリティポリシーをあらかじめ用意しているため、導入後すぐに運用を開始できるのが特徴。また、管理対象PC全体のセキュリティ対策状況を一目で把握できるダッシュボード画面が用意されており、専任のIT管理者を確保できない中堅・中小企業でも効率的なセキュリティ対策を可能にするという。

画像 JP1/Desktop Navigationのデスクトップ画面

 JP1 Ready Seriesに含まれるほかの製品として、同社は2010年中にサーバの安定稼働を支援する製品を発表し、その後もラインアップを強化していく予定だという。

 同製品のライセンス価格は管理対象PC50台分のライセンス込みで42万円(税込み)、サポートサービスは年額固定で12万6000円(税込み)と、中堅・中小企業でも導入しやすい価格水準に設定したという。同社ではJP1の販売パートナーや中堅・中小企業市場に強いパートナーと連携し、JP1 Ready Series全体として今後5年間で80億円の売り上げを目指すとしている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | JP1 | 日立製作所 | SMB | セキュリティ対策


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「Adobe Marketing Cloud」などの推奨プラットフォームに「Microsoft Azure」を認定
Adobe SystemsはMicrosoftとの戦略的提携を発表し、「Microsoft Azure」を同社のクラウ...

news089.jpg

縦型動画もOK、テンプレート型動画制作サービス「FastVideo」にiOS向けアプリが登場
動画マーケティングのLOCUSは、Webサイト上でテンプレートに画像や動画をあてはめること...

news097.jpg

「時代後れのメディア」と呼ばれ続けて半世紀、ネット化するラジオのマーケティングシナリオとは?
「古くて新しいメディア」として愛され続けるラジオ。インターネットやスマートフォンに...