2010年07月26日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSいいじゃんネット、iPadでも利用できるセキュアモバイルアクセスの最新版を発表

モバイル端末から社内のグループウェアなどを閲覧できるソリューションがバージョンアップ。iPadでのセキュアなアクセスが可能になり、メール添付ファイルの画像変換もサポートする。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 いいじゃんネットは7月23日、グループウェア/メール用モバイルアクセスソリューション「CACHATTO」の最新バージョンを発表した。iPadでの利用が可能になったほか、40以上の機能拡張・改善を図っている。

画像 iPad向けSecureBrowserでdesknet’sを表示する様子《クリックで拡大》

 CACHATTOは、携帯電話やスマートフォンといったモバイル端末から社内のグループウェア/メールサーバへの安全なアクセス環境を提供するソリューション。同社が運営するアクセスポイント、社内に設置して各アプリケーションへのWebアクセスインタフェースを提供するサーバ製品(CACHATTOサーバ)などで構成する。端末のWebブラウザから指定のURLにアクセスすると、グループウェアをPC端末と同様のインタフェースで利用できる。さらに、オプションの専用ブラウザ「CACHATTO SecureBrowser」(以下、SecureBrowser)の端末ID認証機能を使ってセキュリティ強度を向上させることも可能。インターネットメールやLotus Notes/Domino/Microsoft Exchange Serverサイボウズ Office/desknet’sの各アプリケーションに対応する。

 最新版の「CACHATTO Ver.4.5」では、iPad向けのSecureBrowserを提供する。端末上にキャッシュデータを残さないようにできるため、端末を紛失してもデータが外部に漏えいすることはない。また、メール添付ファイルをCACHATTOサーバ上でイメージ画像やPDF文書に変換、閲覧のみできるようにする機能を追加した。そのほか、「ユーザーの声を反映した」(同社)、40カ所に及ぶ細かな機能拡張や修正を施している。

 CACHATTOサーバの本体価格は、30ユーザーライセンスで55万100円。また、iPad/iPhone/Android端末対応オプションが1サーバ当たり15万円、iPad向けSecureBrowserが10ユーザーライセンスで1800円という価格設定になっている(いずれも税別、初年度の利用価格)。旧バージョンのユーザーは、CACHATTOサーバの無償アップデートのみで最新版を利用可能。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「ポケモンGO」で日本人のライフスタイルは(いきなり)変わったか?
梅雨が明け、土用丑の日に甲子園と、いよいよ夏本番。そして今、熱い夏をもっとホットに...

news094.jpg

GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動...

news110.jpg

野村総合研究所、デジタル領域に特化した新会社「NRIデジタル」を設立
野村総合研究所は、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」をを2016年8月1日付で設...