2011年05月20日 09時00分 UPDATE
特集/連載

違いが分かりにくい復旧サイトのオプションを解説災害復旧におけるホット、ウォーム、コールドサイトの違い

災害復旧関連の用語として、ホットサイトやウォームサイト、コールドサイトといった言葉が用いられる。それらの中から、どうすれば自社に最適なオプションを選択できるのだろうか?

[Jacob Gsoedl,TechTarget]

 災害復旧(DR)関連の用語は分かりにくい。ホットサイトやウォームサイト、コールドサイトといった言葉は、DR用語としてしばしば用いられる。いずれも信頼できる災害復旧サイトの選択肢だ。では、あなたの会社ではどのオプションを選択すればいいのだろう? 以下に、災害復旧のホット、ウォーム、そしてコールドサイトの相違、それぞれの利点と欠点をまとめた。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

御社にもできる営業改革、効率化の余地を発見する5つの質問
今回のテーマは中小企業の営業改革です。HubSpotの顧客管理や営業支援機能の活用法を紹介...

news015.jpg

Pinterestユーザーが探している「生活を豊かにするアイデア」とは?
画像共有サービスの「Pinterest」でユーザーが探している「ライフスタイルをより豊かにす...

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。