2011年08月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

タスクマネージャの代わりに使えるプロセス管理ツールなどIT管理者必携の便利なWindowsツール7選(前編)

システム管理の効率化にツールの活用は欠かせない。本稿では、Windowsで動作する便利かつ無償のツールを7本紹介する。前編では、そのうちの3本を取り上げる。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 IT管理者のツールボックスの中には必ず無償ツールが入っている。最も信頼できる便利で強力なツールの中には無料で配布されているものもあり、度々発生する特定の問題に対応している。

 本稿では、IT管理者必携の無償ツール(フリーウェア)またはオープンソースツール7本を紹介する。これらのツールは、USBメモリなどに保存しておくか、管理作業を行うコンピュータにインストールして(ただし、ほとんどはインストールせずに実行できる)、いつでも使えるようにしておきたい。

Process Explorer

Process Explorer 図1 Process Explorerは、いつでも使えるように管理作業に使用するコンピュータ、デスクトップPC、サーバに用意しておくことをお勧めする

 Process Explorerほど必要で、とことん使える無償のWindowsツールは、まずない。Process Explorerは、Windows界の長老マーク・ルシノビッチ氏が、Windowsに付属している標準のタスクマネージャに代わるツールとして開発したもので、システムで実行中のプロセスを列挙する。実行中のアプリケーションやサービスだけでなく、プロセスによって読み込まれているDLL、プロセスイメージの文字列なども確認できる。私も含め多くのIT管理者はこのツールをインストールしてタスクマネージャの代わりに常用しているが、インストールせずに使うこともできる。

 提示される情報の量と見やすさから、Process Explorerに乗り換えるIT管理者は多い。Process Explorerは、CPU、メモリ、I/Oの使用率を線グラフかポップアップウィンドウを使って表示する。また、ウィンドウに表示するデータ列の情報は保存して再び読み込むことができるため、作業ごとに表示を変えたい場合に便利だ。表示に関しては、各プロセスの識別に使う色など、ほぼあらゆる要素をカスタマイズできる。使い込むほど便利な機能が見つかり、例えば、「ターゲット」アイコンを使用してウィンドウにドラッグ&ドロップすると、プロセスのプロパティを表示できるなど、便利な機能が満載だ。

 Process Explorerはシステム情報ツールであるだけではなく、トラブルシューティングの際もかけがえのない盟友となる。ルシノビッチ氏は、Process Explorer(と同氏が開発した他のツール)を使用して、システムの問題とその原因を突き止める事例を幾つか、動画で紹介しているWindows Systeminternals TechCenterでは他にもさまざまなアプリケーションが公開されているが、Process Explorerは最初に使用すべきツールでもあり、常に手元に置いておきたいツールとして右に出るものはない。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...