2011年09月29日 09時00分 UPDATE
特集/連載

IntelとMcAfeeが次世代セキュリティ技術を披露Windows 8にも対応したハードウェアレベルのセキュリティ基盤「DeepSAFE」

McAfeeを買収したIntelが、OSの下のハードウェアで機能するセキュリティ技術を披露した。これまでのセキュリティ対策とは別アプローチを取る戦略の詳細を明かす。

[Robert Westervelt,TechTarget]

 米Intelが、新たなハードウェアベースのセキュリティプラットフォームのデモを実施した。これはセキュリティ対策の進化における次の段階を体現するものになるかもしれないと説明している。

 サンフランシスコで開かれたIntel Developer ForumでIntelは、同社の半導体にセキュリティを組み込むためのセキュリティプラットフォーム「McAfee DeepSAFE」の一端を披露した。同プラットフォームはMcAfeeがOSの下でセキュリティソフトウェアを実行し、rootkitなどのマルウェアを検出できる設計になっている。Intelによると、こうしたマルウェアは従来型のOSの防御の仕組みを容易にかわすことが可能だという。

 こうした技術はデスクトップPC、ノートPC、スマートフォンから装置を動かしている小型の組み込み端末に至るまで、幅広い利用が想定される。しかしMcAfeeもIntelも、まずこの技術をどう応用するかについては詳細を明らかにしなかった。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...