マカフィー、サイバー攻撃対抗でシーメンスの産業オートメーション事業部と提携NEWS

特定の産業用システムを攻撃するワーム「Stuxnet」の標的となった機器を含むシーメンスの制御システムと、マカフィーのセキュリティ製品を相互運用する。

2011年04月19日 14時54分 公開
[TechTargetジャパン]

 米マカフィーは4月19日、FA(ファクトリーオートメーション)機器などを扱う独シーメンスの産業オートメーション事業部と提携したと発表した。重要インフラやグローバルで利用する製造業の制御システムを狙う標的型サイバー攻撃に対抗する取り組み。同事業部のシステムと、マカフィーのアプリケーション制御ソリューション「McAfee Application Control」の相互運用性を認定したという。なお、今回認定を受けたシステムには、工場などの重要インフラを狙い、2010年7月に発生した「Stuxnet攻撃」で標的となったSimatic WINCC SCADAシステムも含まれる。

 従来、製造業の制御システムなどの機器は、オフラインで動作することが多く一般のIT機器のようにサイバー犯罪者の標的となることはなかった。だがStuxnetのような標的型攻撃が発生したことで、今後は一般的なITセキュリティと同等の手法を取るなど、セキュリティ対策の見直しが求められている。

 McAfee Application Controlは、ホワイトリスティング型のアプリケーション制御ソリューション。カーネルをロックダウンする方法でシステムを保護するため、リソースに対する影響を最小限に抑えつつ、不正なコードやゼロデイ攻撃に対抗するという。マルウェアが制御システムの管理システムにロードされない限り制御装置に拡散しないため、工場のライン稼働には影響を与えないとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...