2011年12月20日 09時00分 UPDATE
特集/連載

企業が取るべきIaaSセキュリティ【前編】IaaSセキュリティはどこが危ない? テスト結果を公開

クラウドサービスの中で、企業が負うセキュリティ維持の責任が最も重いモデルがIaaSだ。RackspaceのIaaSを使った標準的な仮想サーバでセキュリティテストを実施。企業が取るべきセキュリティ対策が明らかになった。

[Joseph Granneman,TechTarget]

 Infrastructure as a Service(IaaS)を使えば、企業はマウスを数回クリックするだけでサーバやストレージ、ネットワークのリソースを作成できる。だがIaaSはクラウドサービスの中では、ユーザー企業が負うセキュリティ維持の責任が最も重いモデルだ。米Amazon Web Services(AWS)や米Rackspace Hostingなど、主要なIaaSプロバイダーは既に低レベルのインフラについてはセキュリティを確保している。だが企業が自社で管理すべきサーバのセキュリティ対策が不適切な場合には、どうなるのだろう? またこうした仮想インフラでは、サーバはどのようなタイプのリスクにさらされているのだろうか? こうした疑問の答えを見つけるべく、私はRackspaceを使った標準的な仮想サーバでテストをしてみた。このテストからは、IaaSのセキュリティを確保するために企業が取るべきセキュリティ対策が明らかになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果...

news052.jpg

「インスタ映え」の熟知度は97.4%、非利用者も認知――ベネッセコーポレーション調べ
ベネッセコーポレーションは、ベネッセ教育総合研究所と共同で「第3回現代人の語彙(ごい...

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...