2012年08月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

新機能をまとめて紹介豊富なストレージ機能が使えるWindows Server 2012のHyper-V

Windows Server 2012における注目の改良点は、Hyper-Vの効率的な利用で役立つ各種ストレージ機能だ。中堅・中小企業向けから大企業向けまでの機能を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 2012年後半に一般発売されるWindows Server 2012では、Hyper-Vストレージ機能にさまざまな改良が加えられる(※)。

※ 米Microsoftより9月に一般販売されることが既に発表されています(参考:Windows 8は10月末に発売 Microsoftが正式発表

 恐らく、Hyper-V 3.0(Windows Server 2012とともに出荷されるHyper-Vの新バージョン)の最も重要なストレージ関連の変更点は、共有ストレージに関するものだろう(関連記事:ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能)。

 Hyper-Vの従来のバージョンでも共有ストレージは不要だったが、ライブマイグレーションやフェイルオーバークラスタリングのような高度な機能は、共有ストレージがなければ利用できなかった(従って、多くの中堅・中小企業(SMB)にとって、予算的に手が届かなかった)。また、Hyper-V用に共有ストレージを実装するには、SAN(Storage Area Network)またはNAS(Network Attached Storage)システムが必要だった。

 Hyper-V 3.0では、ライブマイグレーションやフェイルオーバークラスタリングをDAS(Direct Attached Storage)と組み合わせて利用でき、SANやNASシステムが不要になる。さらに、Hyper-V 3.0は一般的に、共有ストレージを利用する場合でも、優れたパフォーマンスを提供する。

Windows Server 2012で強化されるストレージ機能

 Windows Server 2012は、SMBがストレージプラットフォームの構築に利用できるOSレベルのサービスを提供する。これらのサービスの中で最も重要なのは、データ重複排除、iSCSI Target Server、NFS(Network File System)サーバだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイント...

news028.jpg

日本の広告主は変われたか? アドベリフィケーションに関する意識調査2018――Momentum
Momentumは「アドベリフィケーションに関する意識調査2018」の結果を公表しました。

news094.jpg

LIFULLがAI導入の成果を報告、DMP施策でCVRが最大330%に
LIFULLは、2017年10月に導入したAppierのAI搭載データサイエンスプラットフォーム「AIXON...