2012年11月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 8はVistaの二の舞?タッチ操作対応UIに賭けるMicrosoftの思惑とユーザーの評価

「タッチ操作対応ユーザーインタフェースを、どの端末にも適用する」というMicrosoftの判断は、本当にユーザーの立場に立って考えられたものなのだろうか。

[Stuart J. Johnston,TechTarget]

タッチ操作対応端末へのアップグレードコストが大きな負担に

 「Windows 8では、どの端末にも同じユーザーインタフェース(UI)を適用する」という米Microsoftの戦略が、多くの企業のIT担当者を悩ませている。問題の1つは、Windows 8のタッチ操作対応UIをサポートするために、既存の端末をより高価なタッチ操作対応の端末にアップグレードするコストが掛かることだ。たとえそれが1端末当たり50〜100ドルであっても、大企業にとっては痛い出費になる。それにも関わらず、MicrosoftはデスクトップPC、ノートPC、スマートフォンタブレット、さらには組み込みアプリケーションに至るまでタッチ操作対応UIを採用している。

 もちろんWindows 8はキーボードとマウスでも操作できる。しかし、あくまでもタッチ操作を基本とした設計だ。これはハードウェアへの投資予算に影響し、多くのWindowsユーザーに敬遠される原因になるはずだ。それに端末への投資予算が増大するとなれば、IT予算が逼迫している多くの組織が、タッチ操作非対応のハードウェアを選ぶ可能性も出てくる。だが、それではWindows 8の大きな特徴を帳消しにすることになる。

 調査会社の米Enderle Group 主席アナリストのロブ・エンダール氏はその点を受けて、「当面の間、大半の企業はデスクトップPCにはWindows 7を使い続けるだろう。ユーザーは新しいインタフェースの使い方を自主的に学ぼうとはしないものだ」と話す。米ダートマス・ヒッチコック医療センターのシニアシステムエンジニア ロブ・マクシャインスキー氏も、「医療センターのアプリケーションとWindows 8の互換性を確認できるまでは、ダウングレード権を使ってWindows 7を利用するだろう」とコメントする。

スマートフォン/タブレット市場のシェア獲得を狙ったUIが、ユーザーに負担を強いる

 企業のIT担当者を悩ませるもう1つの問題は、トレーニングに必要なコストだ。新システムの導入時には、新しいUIに慣れるためのエンドユーザー向けトレーニングや、新システムの構成と保守に関する技術者向けのトレーニングが不可欠となる。Windowsライセンスに関するコンサルティングを行っている米Pica Communicationsのポール・デグルート氏は、「特にエンドユーザー向けのトレーニングは巨額の投資になり得る」と指摘している。

 もちろん中には、「Windows 8のユーザートレーニングは、それほどの障害にはならない」という意見もあれば、「Windows 8によって、Microsoftはついに“どの端末からでも使えるWindows”というビジョンを実現する」と評するユーザーやアナリストもいる。例えば米ロッキーマウンテンWindowsテクノロジユーザーグループのデニス・マーティン会長は、「トレーニングは必要だが、従来のUIと100%異なるわけではない」と言う。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。