2012年11月26日 08時00分 UPDATE
連載ミドル

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後

大量な取引データを日々処理する、米電子決済サービス大手のPayPal。PayPalは、こうしたビッグデータをどう活用しているのか。ビッグデータ活用を阻む課題とは何か。次世代のデータ分析像である「Analyst 3.0」とは。同社主席データサイエンティストであるモック・オー氏が、こうした疑問を解き明かす。

[ITmedia]

連載記事一覧

【第1回】

PayPalも苦戦? ビッグデータ活用で解くべき2大課題

ビッグデータ活用に当たり、企業のCIOは「かなり苦戦する」。大量の取引データを顧客分析に生かす、米PayPalの主席データサイエンティストはこう語る。その理由とは?


【第2回】

PayPalも苦慮、ビッグデータツールはなぜ使えないのか

ビッグデータを活用しようと思っても、適切なツールが見つからない。米PayPalの主席データサイエンティストは、データ活用ニーズの多様化がその背景にあると指摘する。


【第3回】

PayPalも活用、消費を伸ばす「トランザクションデータ」

取引情報が詰まったトランザクションデータこそが、コンシューマーの購買行動を予想する上での「最強のシグナル」となる。米PayPalの主席サイエンティストは、こう主張する。


【第4回】

PayPalが明かす、非構造化データ活用に必要な3つの要素

取引情報が詰まったトランザクションデータこそが、コンシューマーの購買行動を予想する上での「最強のシグナル」となる。米PayPalの主席サイエンティストは、こう主張する。


Loading