2012年12月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows XPも登場当初は総スカン」専門家いわく「Windows 8が大失敗する可能性はゼロに近い」

現時点では、「企業ユーザーにとっての魅力は乏しい」という評価が目立つWindows 8。だが中には肯定的な意見もある。アナリストらの声からWindows 8の今後を占った。

[Stuart J. Johnston,TechTarget]

2016年にはPC販売台数のうち90%をWindowsが占める

 2012年10月、Windows 8がリリースされたが、このOSに企業のIT担当者を引き付けるだけの魅力があるのかどうか、疑う声は多い。しかし一方で、肯定的な声も存在する。

 例えば米Forrester Researchの調査報告書「Windows―― The Next Five Years」によると、「iOSやAndroidを搭載したタブレットスマートフォンなどの浸透が、パーソナルデバイス市場を支配してきたWindowsのシェアに影を落としているのは事実だが、ビジネスPC市場では今後もWindowsが君臨し続ける」としている。

 この報告書によると、PC、タブレット、スマートフォンをまとめた個人端末分野におけるWindowsのシェアは、2012年には30%に縮小している。これはかなり厳しい数字に思えるが、PC市場は今後も成長を続け、「2016年には、3億7千万台超と予想されるPC販売台数のうち90%をWindowsが占める」という。

Windows 8が大失敗する可能性はゼロに近い

 Microsoftが、Windows 8とともに用意したWindows RTもIT担当者を悩ませている。Windows RTはx86ネイティブのデスクトップアプリケーションを実行することも、グループポリシーを使ってタブレットを管理することもできないなど、いくつかの問題点があるためだ。

 これについて、調査会社の米Directions on Microsoftリサーチ担当副社長、マイケル・チェリー氏は、「Windows 8はx86プロセッサ向けの新しいOS。Windows RTは、多くのスマートデバイスで採用されているARMプロセッサ向けのOS」と述べ、両者を分けて考えるべきことを勧める。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。