2013年01月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド版Officeへの移行も進むかいよいよ発売の「Office 2013」、アップグレードを見送るユーザーの言い分は

企業ユーザーの「Microsoft Office 2013」へのアップグレードには時間がかかる見込みだ。アップグレードにコストが掛かる上に、その他の選択肢としてクラウド版Officeが浮上していることが理由だ。

[Stuart J. Johnston,TechTarget]

 「Office 2013」は米国では1月29日に一般向けに発売される予定(編注:日本国内では2月7日に発売予定)だが、米Microsoftのユーザーの多くは今後もOfficeの従来版を使い続けるものとみられ、Office 2013へのアップグレードを急ぐことはなさそうだ。企業もアップグレードせずに、クラウドベースのOfficeスイート製品に移行するケースがあるとみられる。

 Microsoftは2012年後半に「Windows 8」や「Windows RT」をはじめとする多数の新製品やアップグレードをリリースした。Office 2013は、大口ユーザー向けには2012年12月初めに提供が開始された。

 リリースが遅れたのは大した問題ではない。というのも、多くのITプロフェッショナルはずっと前のバージョンのOfficeを使っており、アップグレードするつもりは当分なさそうだからだ。

 米電気工事業者のCon. J. Franke ElectricのIT管理者、スコット・フレージャー氏は「リリースが少し遅れてうれしいくらいだ。テストをする時間ができるからだ」と話している。

 同社では現在、Office 2013よりも2バージョン前のOffice 2007を運用しており、他の多くの企業と同様、ソフトウェアの刷新が必要になった時点でアップグレードする方針だという。

 旧バージョンのOfficeは依然として人気が高い。Windowsライセンスを専門とする米コンサルティング会社Pica Communicationsで主席コンサルタントを務めるポール・デグルート氏は「当社の顧客の多くはOffice 2010への移行を終えたばかりだ」と話す。Office 2013が一般向けにリリースされても、ユーザーが一斉に飛び付くような状況は考えられないという。

 「ユーザーがアップグレードを先延ばしにする最大の理由の1つがコストだ」と指摘するのは、米調査会社Directions on Microsoftでアプリケーションを担当するウェス・ミラー副社長だ。また、アップグレードは時間のかかる作業でもある。

 「Office 2010への移行を終えたばかりの企業は当分、同じ作業をもう一度したいとは思わないだろう」とミラー氏は話す。

クラウド製品がOffice 2013の強敵に

 MicrosoftはOffice 2013を推進しながらも、本音としては、クラウド上で提供されるサブスクリプション版のOfficeにユーザーを移行させたいと考えているようだ。実際、クラウド版には魅力的なアドオンも含まれている。

 例えば、「Microsoft Office 365」では「Office Professional Plus 2013」をサブスクリプションベースで利用できるバージョンも用意されている。Professional Plusには、標準のデスクトップ版のOfficeスイートに加え、Exchange、SharePoint Server、Lync(ユニファイドコミュニケーション製品)などのクラウドサーバアプリケーションが含まれる。

 とはいえMicrosoftは、Office 2013のオンプレミス版を好むユーザーを無視するつもりはないようだ。

 オンプレミス版とサブスクリプション版の選択は結局、ユーザーがどちらの支払い方式を好むのかという問題に帰着する。サブスクリプションモデルでは、ユーザーは継続的に料金を支払い、アップデートはその都度クラウドから提供される。ライセンス方式の場合の支払いは1回だけだが、アップデートは提供されない。

 またMicrosoftは、Officeスイートの領土に「Google Docs」や「IBM SmartCloud」などの競合製品が進出するのを阻止したいと考えている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

The Trade DeskとWhite Opsが提携、アドフラウド対策のプラットフォームを提供開始
The Trade DeskはWhite Opsと提携を発表し、広告業界におけるアドフラウド対策のプラット...

news116.jpg

セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代...

news091.jpg

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...