Microsoft「ソフトウェアアシュアランス」のリスクを理解するMicrosoftライセンスとの賢い付き合い方【前編】

Microsoftの「ソフトウェアアシュアランス」というギャンブルは買いか否か。得をするにはどのような条件が必要か。下手をすると、Windows 7を2.6倍の値段で買うことになるかもしれない。

2012年09月10日 08時00分 公開
[Paul DeGroot,TechTarget]

 米Microsoftのソフトウェアアシュアランス(SA)には、常にギャンブルの要素が付きまとう。ボリュームライセンスプログラムの契約時にSAを追加で購入しておけば、将来、製品がバージョンアップしたときに、アップグレードが保証される。だが、契約期間中に新バージョンがリリースされなかった場合、SA料金は返金されず、顧客はIT予算に大打撃を受け、やり場のない怒りを抱えることになる。

 しかし企業は、自社にSAの料金に相当する費用を保有しておくことで、このリスクをヘッジできる。

Microsoft SAのリスクを計算する

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...