2013年04月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

標準規格対応はBlackBerryのみiOS、Androidなど主要OSを比較、データ保護に強いのは?

モバイル端末と保有データの暗号化は、総合的なモバイルセキュリティ対策に重要な要素である。機密性の高いデータを保護するには暗号化機能を実装することが不可欠だ。主要な4つのモバイルOSの機能を比較した。

[Matt Kosht,TechTarget]

 今日、モバイル端末は企業の中ではありふれた存在となっている。IT担当者および企業幹部にとって心配なのは、端末の紛失や盗難によって機密データが流出する恐れがあることだ。モバイル端末および端末用OSの多くは、普及当初はセキュリティのサポートがおざなりだったが、プラットフォームが成熟するのに伴い、データおよび端末の暗号化機能が充実してきた。

 データ漏えいを防止する上で鍵となる対策は、データを暗号化することで機密性の高い企業情報を外部に持ち出せないようにすることだ。暗号化技術を利用すれば、IT管理者がリモートからデータを安全に破壊することも可能だ。しかし、データと端末の暗号化の実装形態はモバイルOSによって大きな違いがあるため、モバイル端末を管理する担当者は各OSに搭載されている暗号化機能を把握する必要がある。ここからは、主要な4つのモバイルOSの暗号化機能を紹介する。

Apple「iOS 6」

 iOSアプリケーションは互いにサンドボックス化されている。すなわち、端末上で各アプリケーションがデータを共有することはない。だが「iCloud」などのクラウドベースのサービスをユーザーが利用すれば、アプリ間の連係は可能だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...