2013年05月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

管理すべきは人ではなく「仕事量」Dellのコンシューマライゼーションを指揮する「偶然の」CIO

看護学校の学費を稼ぐため、一時的に開発の仕事をするつもりだったキャロル・フォーセット氏。今では、米DellのBYOD計画の策定に勤しんでいる。

[Caroline Baldwin,Computer Weekly]
Computer Weekly

 「IT業界では誰もがそうだが、私も偶然この業界に入った1人だ」と、米Dellソフトウェア担当CIOのキャロル・フォーセット氏は言う。

 IT業界において約30年にわたるキャリアを順調に築いてきたフォーセット氏は現在、DellでBYOD(私物端末の業務利用)計画の策定に取り組んでいる。

注:本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年5月15日号」(PDF:無償ダウンロード提供中)に掲載されている記事の抄訳版です。

 同氏は、「ITの世界に入ったのはプログラミングで学費を稼ぐためで、学費がたまったら看護の勉強に戻るつもりだった。母からはずっと(看護の勉強に)戻る気はあるのか? と聞かれている。私はとっくに諦めてしまっているのだが」と話す。

 フォーセット氏は、DellがIT管理ソフトウェアメーカーのQuestを半年前に買収した際に、CIOとしてDellソフトウェアに加わった。

 フォーセット氏は、1980年代に開発者として“偶然”IT業界に足を踏み入れ、医療も含め、さまざまな分野で仕事をしてきた。米HDDメーカーのWestern Digitalでは在籍していた16年間のうちに実力で出世の階段を上った。その後、ハードウェア業界からソフトウェア業界に移って、Questが2012年の9月にDellに買収されるまで、13年間同社でCIOを務めた。

 「Dellに買収されて、またハードウェアの思考回路に戻ったわ」とフォーセット氏は言う。

IT業界で生きる女性たち

 キャリアを歩みながら、ビジネスを理解し始めたフォーセット氏は、経営層を目指すことにした。

 「テクノロジーを理解し、情熱を持ってビジネスプロセスを改善して、本当に効率の良いプロセスにすること。それが自分のしたいことだと気付いた。経営層に進むことで、私は本当に自分の居場所を見つけた」

 女性が取締役レベルに進むのはたやすいことではない。そして、IT業界ほどそれが明確に感じられる業界はない。しかしフォーセット氏は、経営層で活躍する女性が増えていることをとても喜んでいる。

 「実際、DellのグローバルCIOのアドリアーナは女性で、彼女は現在、私の直属の上司だ。ますます多くの女性が経営に入ってくると思う。現在、多数の女性のCEOがいることからも分かるように、これは自然な成り行きだと思う。これは珍しいことではなくなってきている」

 「私自身は、男性優位の世界にいると思ったことはなく、単にこれまでは圧倒的に男性が多い業界だったとしか見ていない」

ワークライフバランス:曖昧になるプライベートと仕事の境界

 フォーセット氏はQuest時代に、23カ国4000人の従業員を対象にBYODプログラムを導入した。現在、そのノウハウをDellでも生かそうとしている。

 「私物端末の業務利用に対する人々の思いがとても強く、驚いた」とフォーセット氏はコメントする。Dellソフトウェアでは全世界を対象にBYODについてのアンケートを実施した。その結果、BYODプログラム導入後に従業員の生産性が向上したと回答した企業は74%、顧客に応答する時間が短縮されたと回答した企業は70%にも上った。

 ただし、同じ端末を仕事とプライベートの両方に使うと、個人の生活と仕事との境界が曖昧になる。プライベートでも仕事でもユーザー(従業員)はインターネットを好きなだけ使えるからだ。

 「仕事でMicrosoft Office、メール、通知機能付きのワークフローエンジンを使う。すると、プライベートの生活にも仕事が浸入してくる。企業は健康保険を準備し、従業員には通知が送られるようにする。従業員は通知を見逃さないようにと、通知を個人のメールアドレスにリンクする。しかし、そのアドレスには、友人や学校からの知らせも届く。こうしたことが全て、同じ端末上で混ざり合うことになる」

 フォーセット氏は、従業員が仕事中にプライベートの情報にオンラインでアクセスすることを禁じるのなら、自宅から仕事をすることも禁じるべきだという意見だ。

 「人を管理するのではなく、仕事量を管理すべきだ」と同氏は言う。「ワークライフバランスは各人で見つけなければならない。それを見つけるのは個人の責任だ」

続きはComputer Weekly日本語版 2013年5月15日号にて

フォーセット氏のインタビューはまだまだ続きます。BYODを推進する上で、「BlackBerry Balance」に注目する同氏。AppleとAndroidの市場支配力も永続的ではないと見ている。さらに、アイデンティティー管理に対する持論を展開。インタビューの続きは「Computer Weekly日本語版 2013年5月15日号」で読むことができます。

Computer Weekly日本語版 2013年5月15日号のダウンロードページへ (TechTargetジャパン)

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...