2013年12月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iOS/Android端末に対応Windows Server 2012 R2新機能徹底レビュー

MicrosoftはWindows Server 2012 R2において、クラウドと仮想化への対応を強化した。また、ユーザーが使っているのはWindowsクライアントだけはないという事実をついに受け入れた。

[Tim Anderson,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Microsoftは2013年10月18日(日本時間17日)にWindows Server 2012 R2をリリースした。同時に、サーバ、PC、端末を管理する「System Center 2012」のR2用更新プログラムの提供も開始している。このリリースのテーマは、パブリッククラウドとプライベートクラウド、仮想化、デバイス管理である。デバイス管理に関しては、Windows端末だけでなく、iOSとAndroid端末にも対応した。

Computer Weekly日本語版 2013年12月18日号無料ダウンロード

1218_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年12月18日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 Microsoftによると、同社のパブリッククラウドプラットフォームであるWindows Azure(以下、Azure)はHyper-V仮想化スタックと同じものを採用している。これは、オンプレミスのWindows ServerとAzureに展開したWindows Server間で高い一貫性を実現している要因の1つだ。第三のシナリオとして、サードパーティーのホスティングプロバイダーがWindowsベースのクラウドサービスを提供するケースがあるが、Microsoftの狙いは3種類全ての「クラウド」を同じように動作させることだ。

 その意図するところは、自社のインフラを管理する必要がある、またはそれを望む企業において、オンデマンドの仮想サーバなどクラウド的なサービスを社内のクライアントに提供できるようにすること。あるいは、構成済みの仮想マシン(VM)を利用してWebアプリケーションを素早く配布できるようにすることだ。さらに、このような場合でも、Azureを使うか、コンプライアンスの理由または単に好みでその方がよければ、ホスティングプロバイダーを利用して、サービスをスケールアウトできる。Active Directoryフェデレーションサービスを使うと、同期だけでなく、ユーザー認証をオンプレミスで維持しながら、オンプレミスとクラウドアプリケーション間でのシングルサインオンを実現できる。

 System Centerには独自の管理アプリケーションがあるが、この点も統一される方向に進んでいる。新しいAzureパックを使うと、WebベースのAzure管理コンソールで自社のデータセンターを管理できる。私物端末の業務利用(BYOD)もR2リリースの重要なテーマの1つで、Active DirectoryとSystem Center Configuration Managerでの対応が強化されている。

Hyper-V:Microsoftのサーバプラットフォームの基盤

 Microsoftの仮想化プラットフォームHyper-Vは、エンタープライズ市場では依然としてVMwareの後じんを拝している。そのために、System CenterではVMwareや他のハイパーバイザーをサポートしている。しかし、Hyper-Vの開発とWindowsとの統合を急ピッチで進めたかいがあり、市場シェアは拡大している。Windows Server 2012のHyper-Vは、ライブマイグレーション、レプリケーション、ストレージ、ネットワークのサポートが飛躍的に向上し、一皮むけた感がある。

図1:Microsoftのサーバプラットフォームの基盤、Hyper-V

 R2リリースでは、実行中のVMのエクスポート、仮想HDDのオンラインでの容量変更、圧縮とSMB(Server Message Block)3.0プロトコルを利用したライブマイグレーションの高速化など、幾つかの機能が追加されている。最も先見性のある新機能は第2世代VM(図1参照)だ。第2世代VMでは、仮想マシンが同じメーカーの既知のOSによって使われる時間が大半であれば、古いハードウェアをエミュレートして互換性の維持を図るよりも、特定のOSと仮想マシンに対象を絞って最適化すればよい、という単純な事実を利用している。第2世代VMのセキュアブート機能は、IDE HDDなどのレガシーのエミュレーションを排除し、セキュアブート、PXE(ネットワーク)ブート、仮想SCSIディスクとUEFIファームウェア(および、モダンハードウェア)からのブートを実現している。

Windows Azureパック:一貫性のあるハイブリッドクラウドをサポート

 Azureパックは、Microsoftのパブリッククラウドの管理ツールをオンプレミスの管理者やホスティングプロバイダーに提供する。これには、管理者にとってもテナント(ユーザー)にとっても、クラウドインフラの管理に非常に便利なブラウザベースのコンソールが含まれている(図2参照)。

続きはComputer Weekly日本語版 2013年12月18日号にて

1218_80.jpg

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。

Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

別冊Computer Weekly 企業向けGoogleサービスのリスクとメリット

Computer Weekly日本語版 12月4日号:iPadに勝利したWindows 8タブレット

Computer Weekly日本語版 11月20日号:セキュリティ担当者を悩ます2つの敵


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...