2014年03月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」【第2回】タブレットは紙と鉛筆の“置き換え”ではない――袖ヶ浦高校 永野教諭

1人1台の私物iPadを授業に使う、千葉県立袖ヶ浦高校 情報コミュニケーション科。2011年の同科誕生から今までの経験を基に、同科学科長である永野 直教諭がIT活用の秘訣を語る。

[神谷加代]

関連キーワード

iPad | SNS | 教育 | 教育IT | タブレット


 2011年、公立高校としては全国的にも珍しかった私物端末の授業利用(BYOD)の実施に踏み切ったのが、千葉県立袖ヶ浦高校 情報コミュニケーション科だ(参考:公立高校が「生徒入学時のiPad購入」を義務化できた理由)。同年に新設した同科の生徒は、入学時に自己負担でiPadを購入し、個人の所有物として学校生活のあらゆるシーンで活用している。

 同科は“情報”と銘打っているが、プログラマーやエンジニアなどのIT専門家の育成を目的とした学科ではない。目指すのは、授業の中でITを日常的に活用し、情報社会の中で主体的に活躍できる人材の育成だ。

 2014年3月には2011年に入学した同科1期生が卒業を迎え、2014年4月入学の4期生の倍率は過去最高を記録。2012年には、eラーニングの優秀事例を表彰する「日本e-Learning大賞」を受賞するなど取り組みの評価は高く、全国の教育機関、企業の視察も後を絶たない。

 設立から現在まで、同科の陣頭指揮を執っているのは、学科長である永野 直教諭だ。iPad導入から約3年にわたる現場の経験から見えてきた、IT製品を生かす3つの秘訣を紹介してもらう。

秘訣1:教員1人の取り組みにせず、学校全体の取り組みにする

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...

news005.jpg

「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタ...

news073.jpg

インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(...