2014年09月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

画像認識機能「Firefly」などのセキュリティを検証徹底レビュー:Amazonスマホ「Fire Phone」の“撮ったものがすぐ買える機能”は本当に安全か

撮影した製品を自動認識する機能など、先駆的な機能を多数備えた米Amazon.comのスマートフォン「Fire Phone」。便利さの裏に、セキュリティの問題が潜んではいないか。徹底検証する。

[Lisa Phifer,TechTarget]
tt_tt_FirePhone_01.jpg

 米Amazon.comの「Fire Phone」(国内未提供)は、企業ユーザーの関心を喚起する可能性を秘めている。だがその輝かしい外観の下に、セキュリティの問題は隠れていないのだろうか。本稿では、Fire Phoneのセキュリティ機能とその欠点をレビューする。

 編集注:本稿は、Amazonが新たに発表した情報(Fire PhoneへのWPA2-Enterpriseのサポート、ペアレンタルコントロールのサポート、モバイルアプリ制御機能の追加)に基づいて更新した。

 企業は米Amazonの「Kindle Fire」タブレットに適応しようとしているところだ。それを狙い澄ましたかのように、同社の新製品「Fire Phone」は発売された。米AT&Tとの間で独占契約を結んでいるFire PhoneについてAmazonはこう宣伝している。企業ユーザーに適していて、米Googleの「Android」よりも使いやすく、「Google Play」と違って適量のアプリが用意されている。だが、第1世代のFire Phoneがセキュリティチームの悩みの種になることは明らかだ。それには幾つかの理由がある。

 本稿では、Fire Phoneのセキュリティ機能とそこから推測されることについてレビューする。Fire Phoneに備えて準備している企業の情報セキュリティチームの一助となれば幸いだ。

Fire Phoneのセキュリティ機能

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...