2014年12月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

全OS対応のエンドポイントセキュリティをMacもLinuxもある職場を“無法地帯”にしないため、担当者がするべきこと

もはや米Microsoftの「Windows」任せではセキュリティを確保する対策としては不十分だ。多様化したデバイスには、エンドポイント管理ポリシーと経営陣の承認が欠かせない。

[Kevin Beaver,TechTarget]
tt_yo_2014_1215.jpg

 会社のクライアントPCの多様化に対応する最善の方法は何だろうか。どのような方法なら、会社のネットワークにある全システムの安全性をいつでも把握できるようになるのだろうか。

 従来の企業ネットワークは米Microsoftの「Windows OS」のみで構成されていた。だが、新旧バージョンのWindows、「Linux」および米Appleの「Mac OS X」が混在する環境へと急速に変化した。この状況は、あらゆる規模の企業に当てはまるもので、このようなエンドポイント(端末)管理の側面に多くのITマネジャーとセキュリティマネジャーはぼうぜんとしている。

新たなセキュリティリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

Instagram活用の現在、失敗から学ぶB2Bマーケティング他、11月に最も読まれた記事は?
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。

news149.jpg

スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイント...

news028.jpg

日本の広告主は変われたか? アドベリフィケーションに関する意識調査2018――Momentum
Momentumは「アドベリフィケーションに関する意識調査2018」の結果を公表しました。