2014年12月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

全OS対応のエンドポイントセキュリティをMacもLinuxもある職場を“無法地帯”にしないため、担当者がするべきこと

もはや米Microsoftの「Windows」任せではセキュリティを確保する対策としては不十分だ。多様化したデバイスには、エンドポイント管理ポリシーと経営陣の承認が欠かせない。

[Kevin Beaver,TechTarget]
tt_yo_2014_1215.jpg

 会社のクライアントPCの多様化に対応する最善の方法は何だろうか。どのような方法なら、会社のネットワークにある全システムの安全性をいつでも把握できるようになるのだろうか。

 従来の企業ネットワークは米Microsoftの「Windows OS」のみで構成されていた。だが、新旧バージョンのWindows、「Linux」および米Appleの「Mac OS X」が混在する環境へと急速に変化した。この状況は、あらゆる規模の企業に当てはまるもので、このようなエンドポイント(端末)管理の側面に多くのITマネジャーとセキュリティマネジャーはぼうぜんとしている。

新たなセキュリティリスク

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

電通デジタル、デジタル広告効果の新指標「ビュースルー行動転換率」を開発
電通デジタルは、デジタル広告の効果測定において、クリックありきではなく広く接触経験...

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...