2015年03月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

脱メールの成功企業が語る終わりが見えてきた「電子メール時代」、ソーシャルツールで代替は可能か

メールは長きにわたって企業におけるコミュニケーションの主力プラットフォームとして君臨してきた。だが、あるヘルスケア企業では、相棒と慕ってきたメールの排斥によって生産性を高められることが判明した。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
0310_kf_social_190.jpg

 ソーシャルコラボレーションソフトウェアの利用機会が増えるのに伴い、企業と従業員にある共通の認識が生まれている。それは、この技術がビジネスにおける時代遅れの連絡方法に取って代わることだ。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...