2015年04月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドSDN(Software-Defined Network)に乗り遅れたCisco

ネットワークの未来がソフトウェアによって定義されることはほぼ確実だ。だがCiscoはこの動きに乗り遅れていると市場関係者は指摘する。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Ciscoのハードウェアは世界中で大多数のエンタープライズネットワークのバックボーンを構成する。しかし世界は変化しつつあり、多くのバイヤーはもはや、コンピューティングとストレージ、ネットワークを孤立した存在とは見なさなくなった。その時代の終わりはクラウドだけでなく、ビッグデータやモバイルやソーシャルメディアによって加速されてきた。ネットワークの未来は未知数だが、ソフトウェアによって定義されることにほぼ疑いはない。そして市場関係者は、世界に広大な足場と既得権益を持つCiscoがこの変化に乗り遅れていると見る。

Computer Weekly日本語版 4月15日号無料ダウンロード

16609.gif

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 ネットワークバイヤーがネットワークソリューションを大手サプライヤーから購入する際、そうした大手が自社の既得権益をどう守っているかを考慮しなければならない。そのサプライヤーがCiscoであれ、Hewlett−Packard(HP)であれ、JuniperやAvaya、あるいは同規模の企業であっても同じことがいえる。

 ネットワークに対する新しいアプローチを支持する側は、基本的なアーキテクチャが1990年代初めから変わっておらず、その状態が続くのは非現実的だと主張する。DellのOro部門のアナリスト、アラン・ウェッケル氏は最近のブログで、顧客は既存のネットワークサプライヤーのソリューションから離れ、ネットワークのアップグレードに際してアップグレードの速さはもはや問題にならないと判断していると指摘。ネットワークサプライヤーが確保した収益は、全て最初から確保し直さなければならないと記した。

 代替サプライヤーを探し始めるバイヤーが増えていることは、恐らく驚くには当たらない。Gartnerの調査ディレクター、アンドルー・ラーナー氏によると、主流層のSDN(Software-Defined Network:ソフトウェア定義ネットワーク)に対する姿勢は、例えて言えば、購入の意思をはっきりさせないまま車のタイヤを蹴っているような状態にある。米国で2014年6月に開かれたセッションでは、多くが関心を持ちながら、レガシーネットワークオーナー、特にCiscoのコンセプトを中心とするマーケティングが強まるのを待っている状態にあることが分かった。

 予算を握っているネットワークスペシャリストが組織内の別の場所から、なぜ自分たちの需要に対応できないのかと尋ねられるようになれば、真の動きがあるだろうとGartnerは予想する。しかし大手サプライヤー以外に目を向ける意思があれば、あるいは積極的に探そうとすれば、選択肢はある。

いち早く移行に着目

 SDNの新興企業Plexxiは、ネットワークからアプリケーションおよびデータ中心の世界へと移行するネットワーク業界に目を向けている企業の1つだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーショ...

news112.jpg

電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」...

news043.jpg

Yahoo! JAPANのデータ分析結果に基づいた「データ×クリエイティブ」の動画広告商品、Viibarが提供
動画マーケティングを支援するViibarは、Yahoo! JAPANのデータ分析結果を基にターゲット...