2015年06月26日 12時00分 UPDATE
特集/連載

中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第2回】「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」を賢く乗り切る秘訣とは (1/2)

「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」は、新たな法制度に伴う重要な“不可避のIT投資”だ。いずれも2015年中に対応を済ませておく必要がある。企業はどう取り組むべきだろうか。

[岩上由高,ノークリサーチ]

関連キーワード

IT投資 | 経営 | SMB


0624_kf_smb_190_s.jpg 内閣官房のマイナンバー公式ページ《クリックで拡大》

 2014年には消費税率改正や「Windows XP」サポート終了といったように中堅・中小企業にとっても避けることのできないIT投資が相次いだ。

 実は2015年にもこうした“不可避のIT投資”が控えている。まずは2015年7月15日と間近に迫った「Windows Server 2003」のサポート終了だ。だが、これについては既に多くの中堅・中小企業が対応を済ませている。

 一方、2015年には新たな法制度に伴う重要な“不可避のIT投資”がある。「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」だ。今回はこの2つの新たな法制度にどう取り組むべきかについて考えていく。

マイナンバー制度とストレスチェック義務化とは何か?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...

news049.jpg

広告の透明性に「取り組みが必要」な企業は9割超、でも過半数はガバナンスに課題――トーマツ調査
日本企業における広告・メディア取引の実態を把握するため、105社を調査した結果。

news028.jpg

キッズラインのベビーシッターを起用したプロモーション支援、サイバー・バズが提供
サイバー・バズはキッズラインと共同で、ベビーシッターやママインフルエンサーを起用し...