2015年08月29日 09時00分 UPDATE
特集/連載

検討すべきことは意外と多い「MacBook」ではダメ? 学生に買い与えるべきノートPC“14の条件” (1/3)

大学生になる子どものノートPCを購入することは思っているほど簡単ではない。パフォーマンスから持ち運びやすさまで、検討すべきことは多岐にわたる。

[Barney Morisette,TechTarget]
tt_aa_kaigai01.jpg 米Appleの「MacBook」(12インチ、2015年モデル)《クリックで拡大》

 あなたがPCについて多少知識があったとしても、子どもが大学で使用するためのノートPCを購入するときには、本稿で紹介する基準を検討されたい。これらの基準に従うだけで、親子共々、悲しみに暮れることはなくなるかもしれない。

1.サプライズは無用

 信じられないかもしれないが、ノートPCはファッションアイテムだ。例えば、中学1年生のときにダサいものを持っている姿を見られたがらなかった子どもに、米Appleの「MacBook」ではなく米Microsoftの「Surface」をプレゼントしたら、さぞかしうんざりされるだろう。ノートPCのサイズ、形、色、ブランドなど、何を優先するかについては誰しも好みがある。1番のアドバイスはサプライズなど考えないことだ。子どもに欲しいノートPCを確認するか、予算を伝えて本人に選ばせるのがよい。

2.お下がりもNG

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...