2015年10月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第4回】ハイブリッドクラウド環境での理想的なDR方式と製品選定ポイント (1/3)

ハイブリッドクラウドを実現する際に考えておきたいのがDR(事業継続)だ。DRを構成する4つの技術要素とともに、可用性を高める仕組み、バックアップ/DRソリューション選定のポイントを解説する。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 今回は、ハイブリッドクラウド環境のDR(事業継続)を検討する。実現方式と製品選定のポイントを下記の流れで解説する。

1 DRの技術要素を理解する
2 プラベート/パブリッククラウド、それぞれの可用性を高める
 2−1 バックアップしデータを保護する
 2−2 クラスタ化し、サービスの可用性を高める
3 DRを考える
 3−1 バックアップデータをパブリッククラウドにレプケーションする
 3−2 プライマリデータをプラベート/パブリッククラウド間でレプリケーションする
 3−3 プライベート/パブリッククラウドでグローバルクラスタを構成する
4 見えてきた、次世代ハイブリッドクラウドDRソリューション

1.DRの技術要素を理解する

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経...

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...

news088.jpg

見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実...